2007年07月23日

セゾン投信の長所は、低コスト・低額資金での積み立て・安定運用

セゾン投信の長所は、
・低コスト
・低額からの積み立て
・安定運用
ですね。
低コストというのは、販売手数料ノーロードで無料。
信託報酬も0.78%台(セゾン バンガード グローバルバランスファンドの場合)
と低コストです。
低額からの積み立てというのは、5000円から始められるところ。
これなら財布の心配なしに積み立てできますね。
安定運用というところは、
運用先が実績のあるファンドだというところ。
現在は、アメリカのインデックスファンド最大手のバンガードと、
日本の投資信託の草分けのさわかみファンドへの投資となっています。
posted by セゾン投信 at 08:07| Comment(1) | TrackBack(1) | セゾン投信の長所

2007年05月06日

セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン投信のもう一つの商品が、
セゾン資産形成の達人ファンドです。

セゾン資産形成の達人ファンドは、
さわかみファンドとバンガードの日本株インデックスファンドに投資するもの。
日本株メインで投資するタイプでしょうか?

4月の運用レポートでは振るわなかったのですが、
それは日本株が微妙だったことから・・・

ただこのファンドについては、判断は微妙ですね。
販売手数料は無料で、信託報酬もみかけは抑えられていますが、
実際にファンドに払う手数料を考えると、資金があれば、
さわかみファンドに直接投資した方がよさそうです。

また、最近さわかみファンドも振るわなくなってきたようで、
さわかみファンドに投資するなら、直接ETFを買った方がいいとの話も聞きます。

5000円から積み立てられるというところはメリットですが、
投資先にはあまりメリットはない感じでしょうか?
posted by セゾン投信 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(1) | セゾン投信の商品

2007年05月05日

セゾン投信、セゾン・バンガード・グローバルファンド

セゾン投信でおすすめの商品が
セゾン・バンガード・グローバルファンドです。

4月の運用レポートでは早速+5%の伸びを見せたこのファンド。
運営は、アメリカ最大手インデックスファンドのバンガードですね。

株式と債権に半々分配。
外国債券が主流ですが、日本の株式にも適度に配分して
このファンドだけの積み立てでもポートフォリア的にはいい資産配分となります。
若干、外国によっているところがあるので、
リスクもちょっと高めですが、
円安傾向が続く為替傾向においては、悪くない気がしますね。

信託報酬もトータル0.78%程度と安く、5000円からの積み立ても可能。
マネックスでもバンガードを取り扱っていますが、
手数料と低額OKという点ではセゾン投信の方に軍配が上がります。

セゾン投信でおすすめなのがセゾン・バンガード・グローバルファンドですね。
posted by セゾン投信 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾン投信の商品

2007年05月04日

セゾン投信の商品、バンガードとさわかみ

セゾン投信の商品は、下記2つです。

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
アメリカ最大手のインデックスファンド、バンガード社のファンドへの投資です。
世界30ヶ国以上の株式と10ヶ国以上の債権に投資、株式:債券=50:50のバンランスのとれたファンドです。

分配金再投資型
販売手数料0%、信託報酬+ファンドの管理手数料0.78%

・セゾン資産形成の達人ファンド
日本の独立系長期投資信託のパイオニア、さわかみ投信と、
バンガード社の日本株式向けのインデックスファンドに投資するファンドです。
日本株の投資信託を選ぶならこのタイプですね。

分配金再投資型
販売手数料0%、信託報酬0.567%
posted by セゾン投信 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | セゾン投信の商品

2007年05月02日

セゾン投信とは

セゾン投信とは、
クレディセゾンが始めた新しい投資信託会社です。

特徴は、低額で資産運用ができるところ。
ほとんどの投資信託が10000円以上からの積み立てとなりますが、
自動積み立て契約を利用すれば、
5000円から積み立てることが可能。

長期的な資産運用を考える人には、
セゾン投信はとてもいい投資信託だといえそうです。
posted by セゾン投信 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(1) | セゾン投信